アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

<記事紹介>「ニュータイプ地上げ屋の錬金術」(『週刊SPA』。07年5月1・8日号。本紙・山岡コメント)

 本日発売の『週刊SPA』(扶桑社)が、最近の地上げ屋事情について4Pの特集記事をやっている。そのなかで本紙・山岡も取材を受けたので、本紙でも何度か報じた病院乗っ取りグループとの関係などについて答えておいた。  記事だけ見ると山岡が書いているようにも見えるが、あくまでインタビューを受け、編集部の方でまとめた談話。  記事中では「Nグループ」となっているが、もちろん、広域暴力団・山口組関係者とも接点のあった新田(修士。服役中)グループのことを指す。   最近もこの新田服役囚の下で手法を学んだとされる者が、近畿一円で暴れているとの情報もある。すでにターゲットにされているところとして大阪市旭区のI病院、同生野区のA病院、八尾市のI病院などの名前が挙がっている。  また、東京では“危ない上場企業”に介入する仕手筋(元広域暴力団組員)と連携した動きもある。  ついでに述べておくと、東京の某大手有料老人ホーム経営会社に関しては、最近、そこの多くの施設を建設した業者が違法建築の実態などについて警視庁の方に告発するなどし、大手新聞社も精力的に取材をしていると聞く。近く事件化するかも知れない。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧