アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

<記事紹介>「社会福祉法人の運営に支障来す神奈川県の行き過ぎた『指導』」(『ベルダ』07年3月号。本紙・山岡)

権力とは本当に恐ろしいものだ。  真面目に経営を行い、その高い理想故に、行政側に苦言を呈すると煙たがるどころか、行政権を逸脱して介入、潰しにかかる。昔の話ではない。神奈川県(保健福祉部)と、社会福祉法人「ラファエル会」を傘下に擁していた「IRA」(芳我衛会長)との対立がそれだ。  本紙・山岡は連載中の総合情報誌『ベルダ』(ベストブック)で過去2度、この問題を取り上げて来たが、今回、この異常としか思えない行政側の介入に関し、決定的とも思える事実を掴んだので今号でも報じた(写真=1頁目。2、3頁は以下に)。  IRAは「ラファエル会」の職員のために銀行借入を行って寮を建設していた。社会福祉法人の補助金はそこまで出ないため、当時、ラファエル会の理事長を務めていたIRAの芳我会長が個人的に借り入れして建設したのだが、彼を経営的に破綻させるため、県側がラファエル会に対し裏側で寮として使用しないように指導、結果、IRAとラファエル会の間で支払いの民事訴訟が行われていた(今年1月29日、IRA側全面勝訴の一審判決)のだが、その訴訟の過程で、県の介入があったとしか思えない文書が登場したのだ。 (証拠文書も以下、転載) 「一時和解も考えたが、県の指導も踏まえ(略)、判決を受けた上で控訴または新たな対応を考える」と記されているのがその部分(横写真)。  それにしても、福祉向上を目指さなければならない県(保健福祉部)が裏で糸を引いて、嫌がらせの訴訟を起こさせ、しかも敗訴することがわかっていながら、裁判官の和解案を和解当日にドタキャンさせたというのが事実だとすれば、それは県民に対する背任行為以外の何者でもないだろう。  だが、県庁内に記者クラブを置かせてもらっている大手マスコミは、このような問題に目をつむっているというより、県庁発表の記事を流すのに追いかけられ、この問題があること自体知らない有様なのだ。  しかも、本紙記事が出た後、ラファエル会側は全面敗訴したにも拘わらず(控訴)、寮費の一切の支払いをしないことをIRAに通知して来たと言う。判決(一審)さえ無視し、三審制を逆手に取り、判決確定までIRA側を徹底して兵糧攻めする作戦のようだ。  こんなことが見過ごされていいのだろうか。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧