アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

連載(5)「選挙開票作業の不正疑惑」(千葉県習志野市のケース)ーー告発者の『報告書』より

 2003年4月27日に統一地方選挙の一環として行われた千葉県習志野市の市長・市議会議員選挙の開票時の疑惑ーー連載(4)に続き、当日の開票作業状況を記録したビデオの分析結果等を具体的に見て行く。 (3)開票作業の流れ ◎票を束で、あるいは何枚か持って移動する者がひじょうに多い。冒頭図中(5)の括束係から(2)の分類係へ票が度々逆に戻って来る。時には束票で戻って来る。 ◎図中(6)の第1計算係左横に『溜り場』のような場を作り、ここから括束に行った職員がためらいながら括束係から束票を取ると、また溜り場に持って行く。 ◎『溜り場』にいた職員(白い半コート)が呼ばれて審査台に来る。審査の人の指示で束票をこの『溜り場』に持って行く。が、今持っていった票をまた持って来いと言われたようで、別の束票と取り替えまた持って行く。◎審査と言えば、疑問票のはず。何のために『溜り場』に持って行くのか? ◎集積所から票を持って、括束係の前を通り画面左端に消える。左端にはもう係はないはず。この票はどこへ行ったか ◎審査台から本来ないはずの(3)分類ケースにたくさんの票が運ばれる。 (4)審査台を中心とした票移動の疑問点 ◎審査係は疑問票を勝手に有効・無効と判断しては行けない。立会人及び選挙長の判断を仰がなければならない。しかし、実際は審査係のみで判断して、(3)分類ケースに回している。習志野市は無効票1190票と非常に多い。これは当選者1人分に相当する。内訳は756票が白票で、落書きは305票。鉛筆の持ち込みが気になる。 ◎審査台に図中(2)の分類係と同じような分類表が書かれた模造紙を置いて、候補者別に分類している。それだけ多くの有効票が審査台に運ばれていると言うことか。そして枚数を数えて、開票終盤には(3)の分類ケースに回付されている。 ◎図中(5)の括束係から審査台や「溜り場」に束票が回付されている。 ◎審査台でしきりに電卓を使用し、何かを計算している(数回)。 ◎審査台から票を持って本部席へ持って行く。そして別の票を持って帰って来る。 ◎審査台から票を取ると、ズボンのポケットに入れる。 ◎図中(1)の開披台か(2)の分類点検を通さず、いきなり審査台に回付される。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧