アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

連載(3)「選挙開票作業の不正疑惑」(千葉県習志野市のケース)ーー告発者の『報告書』より

(基本と違う開票作業の流れと、「分類ケース」等の存在)  連載(2)で、本来あるべき開票作業の流れ、それに各作業部署の役割を解説した。 これに対し、不正疑惑が浮上している習志野市長・市議会議員選挙(2003年4月27日)の当日の開票作業状況を撮影したビデオ映像を検討し、まとめたのが上掲の「開票配置図」(右側。図B)だ。 連載(2)で掲げた本来あるべき図(左側。図A)を再掲載するので、図Bと見比べて欲しい。 まず気づくのは、図Aには記載のない「分類ケース」? なるものが存在する点だ(そのため、図Bの作業部署は図Aより1つ増えて8つになっている)。だが、本来こんなものは存在せず、未だに市側からはこれが何か説明が無いのだ。その他、詳細は次回以降に譲るが「溜り場」など、図Aには無いものが他にも存在する。 そして本来は(1)から(2)へ、(2)から(3)へと票は番号順に流れていくべきである。そして、マニュアルによれば、作業者は各持ち場を離れてはいけないことになっている。だが、実際は図Bに記した太い線のように非常に煩雑である。 図Bで見ると票の逆流、つまり(4)の計数機係からまた(3)へ、(5)の括束係から(2)、(3)へと票を戻している。あるいは審査から庶務へ(庶務に行った票はどうなったのか)。 ともかく票を手に持って移動する者が異常に多く、そのため開票場内は雑然として、参観人席から見ても彼らが今、何をしているところなのか分からないだろう。ポケットに出し入れしたり、ポシェットに入れたり、票束を持ってうろうろする者、こんな混沌とした中では何をしても分からない状況は公正な選挙ではあり得ない(続く)。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧