アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

本紙予測通り、覚せい剤使用の可能性ーー酒井法子に逮捕状(初動捜査ミス?。父親との関係も)

 昨晩報じたように、本紙の杞憂は当たってしまった。
大手マスコミ既報のように(冒頭写真=「毎日」本日夕刊)、警視庁は、夫・高相祐一容疑者(すでに覚せい剤の所持容疑で逮捕)に続き、妻で俳優の酒井法子(38)についても、同容疑で逮捕状を取った。
しかし、冷静に考えれば、当然の処置なのだ。実は報道こそされていなかったが、酒井容疑者もその可能性があるとの見方は、高相容疑者の逮捕直後からかなりあったのだ。

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧