アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

<書籍紹介>「ラフ アンド ピース」(石蔵文信。自費出版)

 著者は大阪大学大学院の准教授(54)。
08年4月から1年間、「毎日」(関西版)に「こころに華咲かそ」のタイトルのコラムを連載していて、それを一冊にまとめたもの(現在も別タイトルで連載中)。
大学の先生というと、気難しそうな印象があるかも知れないが、著者はまったく違う。専門は保健学だが、大阪市内の病院で男性の更年期外来を担当し出した関係から、現在では「ミスターED」と呼ばれるほどED問題に詳しくなり、また、患者にうつ症状の方が多いことから、その分野にも精通するようになる。
本書はそのタイトル通り、男性中高年をメーン・ターゲットにした、一言でいえば、「肩の力を抜いて生きようよ!」という応援歌。
ちなみに、タイトルの“ラフ”(Laugh)は声を立てて笑う意。

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧