アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)
  1. TOP >
  2. 訴訟
  3. 筆跡鑑定はどの程度の信ぴょう性があるのか?

筆跡鑑定はどの程度の信ぴょう性があるのか?

●死のわずか1カ月前、19歳年下の元部下女性と再婚の裏側  筆跡鑑定ーー複数の筆跡の特徴を比較し、書いたのが同一人物か、違うか判断すること。遺産相続に関する遺言書(公証人役場で作成されたものなら問題ないが、個人的に保管されていた場合など)、重要な契約書へのサインなど、その真贋が争われた場合、筆跡鑑定人が登場して鑑定書が出される。 子どものころは字体を学ぶ際の手本になった教科書や指導者などの文字の影響を大きく受けるが、大人になるにつれて独自の字体となり、やがて筆跡は固定化し、個人差が生まれる。その特色(字を構成する線の長さ、角度、間隔、書く順番、文字間隔、はね方、筆圧等)を科学的に解明し、判断するという。鑑定人の大半は警察鑑識OBとも言われるが、実際、どの程度の信ぴょう性があるのか。 というのも、04年12月28日、東京地裁で判決言い渡しのあった(控訴せず確定)結婚無効確認請求事件で、関係者がどうにも納得できないとして本紙に訴えて来たからだ。 この訴訟、役所に出された「結婚届」の男性届出人M氏の署名が偽筆だから、結婚は成立しないとして争われたもの。この訴訟が興味深いのは、偽筆したとするK氏、その協力者U氏が原告補助参加人になり、偽筆したと証言したにも拘わらず、裁判官は「本物」と認め、その訴えを退けたからだ。それにしても、なぜ、こんな訴訟が起きたのか。 M氏は99年5月28日、がんのために死去した(享年85歳)。その一年ほど前、妻に先立たれていたM氏、死去のわずか1カ月ほど前に職場の元部下、19歳年下のF子さんと結婚した。その「結婚届」が問題と言われれば、遺産狙いの偽装結婚と思われがちだが、事情はまったく違う。 「先に死去したMさんの奥さんの遺産相続で、奥さん方のU一族はもめていた。Mさんも亡くなると2人の間には子供がいないため、2人の遺産は国庫行きになると懸念していた。だが、MさんがF子さんと結婚、F子さんがMさんの奥さん分の遺産を全額放棄してU一族側に譲るとなればU氏側は3000万円以上得をする」(関係者) こんな条件をF子さんが一旦は飲んだのは、M氏を尊敬しており、またM氏が結婚を望んでいたからと思われる。 「そのまま結婚すれば、両一族から遺産狙いと批判を受けるのは必至。ならば、以前から面識の有るU氏を通じて遺産放棄を条件に、一方のU一族全員から結婚を全面的に認めてもらおうと」(同) だが、結婚後、F子さんはその密約(念書など証拠書類はない)を破ってM氏の奥さんの法定遺産分をもらおうとした。そのため、U氏等は偽筆だと暴露したというわけだ。 ●民事の鑑定はいい加減!? 冒頭の2つのサインを見比べて欲しい。 上側は偽筆、下側はM氏当人のものとされる。 原告側はがんですでに弱ったM氏に当時、自筆する力はなかった。そこで、U氏は字のクセが強いことから、同席したK氏が、F子さんが持参した、遺言状作成のためにM氏が練習に書いた10枚以上の書類のなかから1枚選び、M氏が眠っている病室でまずメモ帳にそのサインを真似て6回書いた後、「その(M氏の)字に似せるためペンを強く握って少し震えるように……書きました」と主張した。 だが、裁判所が選任した筆跡判定人は「本物」と鑑定した。 そこで、原告は自身で再度、鑑定を依頼し、その鑑定結果は「偽筆」だった。 「2人のまったく異なった鑑定結果が出た以上、悪くても和解だと思っていた。こちらの鑑定人の証人喚問を求めたところ、裁判長は“鑑定書はよく目を通しているので必要ない”といいましたしね」(U氏) ところが、判決は「本物」だったのは前述の通り。それなら、せめてまったく異なる鑑定結果につき、「本物」との言い分側を採用した根拠を述べているのかと思えば、「補助参加人が依頼した私的な鑑定書では、、婚姻届の署名はK氏の筆跡と同一人の筆跡であるとするが、一方当事者の依頼による鑑定であり、採用することはできない」と門前払いのかっこうになっている。 「予断としか思えず、裁判の公平さに反するのではないでしょうか。それにある捜査員に話を伺ったところ、警視庁の科捜研におけるで筆跡鑑定(刑事事件のみ)では、60回続けて書かせてサンプルを取るそうです。これだけ書くと、偽筆しようとしてもその当人の本来の字の癖が出て来るからだそうです。もちろん、100%偽筆なんて結果は出ない。ただし、かなりの確率で偽筆との結果が出れば、裁判長はそれを大いに参考にするし、それなりの信ぴょう性もあるとのことでした」(U氏) もっとも、この民事訴訟で裁判所選任の鑑定人にK氏が書かされた回数はわずか6回だったという。「これで、果たして科学的な鑑定が出るのか」と、U氏は憤る。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧