アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

あの堀紘一氏が、自社株暴落でピンチか

 テレビでもお馴染みの堀紘一氏。いまや自分が設立したベンチャーの投資・育成と大企業コンサルを2大柱とする「ドリームインキュべーダ」(2000年4月設立)を東証一部に上場(02年5月)させ、上場企業社長でもある。 ところが、ライブドア事件(1月16日夕方にライブドア強制捜査)のショックをもろに受け、DI社の株は1月16日終値は76万7000円だったが、1月23日終値は52万円と、24万7000円も下げてしまった。 もっとも、その後は持ち直し、2月6日終値は66万2000円まで値を上げている。 ここまでの話なら、ライブドアのとばっちりを食ってお気の毒でしたということになる。 同社の場合、その後も再び値を下げ続け、本日は前週末より10万円も値を下げてストップ安。出来高は普段の4倍もあり、深刻な事態なのだ。 その原因の一つは、同社の監査法人が、ライブドアを始め関連企業の多くを監査し、同事件では家宅捜査も受けた港陽監査法人だったこと。そのため、他のIT系企業以上にあらぬ疑惑をんでいるのは間違いない。 だが、本当にそれだけなのだろうか。 堀氏とて手をこまねいていただけでない。ライブドア事件直後の1月18日には港陽監査法人の妥当性を見極めるとし、同25日には他の監査法人に変更すると表明している。 ところが、DI社が2月10日に記者会見した際の広報資料によれば、実はDI社としては自社の監査に問題はないとして、港光監査法人を他の監査法人に変更するつもりはなかったが、2月8日、港陽監査法人の方から「2006年3月期のDI社の監査業務が遂行できない」旨の書面が届いたというのだ。 そのため、他の監査法人を捜したが、忙しいなどを理由に初期評価を行うこともなく打診した3社とも断られたとして、自社は一方的な被害者だと訴えている。そして、本日には堀氏自身が日本会計士協会にこの監査法人問題打開のため、「要望書」を提出している。 だが、堀氏といえば、現・金融担当相の与謝野馨氏とは懇意で、与謝野大臣の私的諮問機関「証券取引所のあり方に関する有識者懇談会」の10名のメンバーの内にも選ばれ、2月6日に第一会会合を開催したばかり。 そうした事実を思えば、何等DI社に問題がないなら、いくら期中の変更とはいえ、他の監査法人がさっさと監査を引き受けてくれると思うのだが……。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧