アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

楽天、463件顧客情報流出ーー本紙指摘に対し、急いで「お知らせ」掲載

ジャスダック上場の「楽天」(東京都港区。三木谷浩史社長)は本日午後10時半ごろ、同社HP上に、顧客情報等が流出したこと、それはウイルスに感染し「Winny」を通じて流出した可能性が高いとする「お知らせ」を出した。 「楽天市場」といえば、わが国最大のインターネット上の仮想商店街。契約企業は約5万4000店にも及ぶ。 楽天側の説明によれば、顧客情報等が流出したと確認されたのはこの仮想商店街の2店舗、そこで注文するなどした計463名分の注文や問い合わせのメール等とのことだ(クレジットカード情報は含まれていないという)。この2店舗のパソコンがウイルスに感染していたためという。 もっとも、「お知らせ」の最後に「なお、今後もWinny等による情報流出が確認された場合には、速やかに情報開示してまいります」と記されているように、被害が現在公表分だけで済むとは限らない。 そもそも、今回の「お知らせ」、本紙の元に情報流出の情報提供があり、本日午後、本紙・山岡は楽天本社で2人の担当執行役員と広報部副部長と対面。その際、「まだ調査中なので書かないで欲しい」旨言われたが、拒否したところ、急いで出されたものなのだ。 楽天は同じ「楽天市場」で昨年7月にも顧客情報が流出。当初、同社は123件と発表したが、その約2週間後、3万6000件に増えている。 ●三木谷社長が情報開示について直接指示? 楽天が本紙の取材に対し、流出の事実を認めたのは、本紙への情報提供のなかに、今回の流出に関して社内調査している当事者間のメールという物証があったためと思われる。 それがなければ、楽天は事実を認めず、今回のお知らせは出なかっただろう。 そしてそのメールのなかには、こんな気になる記述があった。 ?「店舗対応については既に1週間を経過したことを踏まえ、明日から改装解除の処置を施す」 (問題の2店舗はネット上の「店舗改装」を名目に、1週間閉じられていた。このメールの日付から、今回の「お知らせ」までに、楽天側が問題を知ってから優に10日以上経過している。事実確認できたからではなく、懸念が出た以上で、即、広報すべきとの意見があって当然では) ?「マスコミ対応については引き続き様子見とするとの三木谷さんからの指示があり」「対外的に取り上げられるまでは、引き続き内偵のステータスとする」「ユーザー対応については現段階では特段の処置を施さず(但し、対外的に取り上げられた場合には即座に対応できるようにこころの準備はしておく」 (これら全体を見ると、事が外部に漏れない以上、隠し通すつもりだったと思わざるを得ない) しかも、このことは三木谷社長の“指示”によるというのだ。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧