アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

本紙・山岡等、パシコン・荒木民生代表を反訴

 

●本日、東京地裁に

 本紙・山岡と、月刊経済雑誌『財界展望』を発行している(株)財界展望新社は本日、パシコングループの待ち株会社「パシフィックコンサルタンツグループ(PCIG)」の代表と、個人としての荒木民生氏を反訴した。
本紙既報のように、本紙・山岡が今年3月1日発売の『財界展望』において荒木代表の特別背任疑惑について執筆したところ、事実無根として、荒木代表はまず4月11日にPCIG代表の身分で、そして5月27日には個人でも、本紙・山岡と発行会社である財界展望新社に対し、それぞれ1000万円(合計2000万円)の支払いと、謝罪広告掲載を求める訴訟を提起して来た。

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧