アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

本紙・山岡に対する「週刊報道サイト」誹謗中傷記事は田邊弁護士の依頼だった(2)対みずほ銀「訴状」でも山岡を誹謗

 連載(1)で述べたように、この間、「週刊報道サイト」なるサイトで計161本も掲載された本紙・山岡に対する誹謗中傷記事は、同サイト発行人の佐藤昇氏(冒頭右写真)が、田邊勝己弁護士(=冒頭左写真。「カイロス総合法律事務所」代表。大阪弁護士会所属)から依頼を受けて行ったものであることが判明した。 発行人の佐藤氏自身が、4月3日、人を介して本紙・山岡に面談して来てそう証言。そして、謝罪したからだ。 田邊弁護士が本紙・山岡に対し行った誹謗中傷はネットだけに止まらない。 連載(1)でも触れたが、佐藤氏によれば、田邊弁護士は200万円を支払い、まだ本紙・山岡と佐藤氏は訴訟中、しかも一審で「週刊報道サイト」に載った最大の誹謗中傷である、“本紙・山岡が組長から組事務所で50万円もらった”との記述は真実とは認められないとの判決が出ているにも拘わらず、写真のような全国紙大の4Pの「新聞」作成まで依頼して来たという(横写真は「新聞」の一部)。 そして1万部刷り、国会議員、都議会議員、銀行、証券、警視庁管内全警察署、マスコミに送りつけるように指示されたという。 佐藤氏によれば、当初は下写真のようなまったく別内容を依頼。 ところが、これでは余りに露骨過ぎるとして田邊弁護士は上記内容に差し替え。しかし、それでもやはり名誉毀損に該当するとして結局、配布を止めることにし破棄を依頼。その上、200万円の返済を要求したことから、佐藤氏の“裏切り”の決意をより固めさせたようだ。 佐藤氏曰く、「俺のお陰で山岡にケンカを売り、お前は有名になれたんだからそれで十分だろう」旨、田邊弁護士は200万円返還要求の理由を言い放ったというのだ(佐藤氏は返金せず)。 田邊弁護士が、本紙・山岡を誹謗中傷した“物証”は他にもある。 連載(1)ですでに触れたように、佐藤氏が田邊弁護士の本紙・山岡の誹謗中傷記事掲載をやったのは、佐藤氏はボクシング元世界チャンプ・薬師寺保栄氏らと「みずほ銀行被害者の会」を結成。佐藤氏はその代表としてみずほ銀行に対し民事訴訟を提起するのだが、その訴訟代理人を田邊弁護士が代表を務める「カイロス総合法律事務所」が無料でやってやるとのバーター取引を飲んだ結果。 そして、その対みずほ銀行の「訴状」のなかに、なぜか何の関係も無い本紙・山岡のことが記されていた。 「みずほ銀行のスキャンダルを、金でなんでも動く俺の盟友の山岡俊介のアクセスジャーナルに書かせて揺さぶろうかと思う」「山岡俊介は、本当の正体はただの取り屋なんだけど、一般的にはそう思われてないから使い勝手の良い輩なんだよね」「山岡俊介は、裏社会に精通したブラックジャーナリスト業界の大物で、暴力団をネタ元にしているし、金で筋道無視して何でもやる男だ」(『訴状』15ページ=上写真=より抜粋) これらは、佐藤氏がなぜ、詐欺事件を起こしたみずほ銀行元行員(現在、服役中)と知り合ったか説明するところで、両者を引き合わせたとして高尾正志氏なる人物を上げているくだりのところで高尾氏の発言として述べられている。 しかし、こんな発言内容はデタラメどころか、そもそも本紙・山岡は高尾氏と盟友どころか付き合いもなかった(*盟友なら、本紙でこんな記事を載せないだろう)。唯一の接点は武富士盗聴事件で山岡と共に高尾氏も武井保雄会長(当時)を告訴したこと。だが、高尾氏は途中で勝手に和解し、本人の証人尋問をドタキャンしている。 それ以前に、「訴状」で高尾氏の存在を述べることはわかるが、その高尾氏が山岡について仮にこんなデタラメを述べたとして、訴状でこんな発言を述べる意味はまったくないではないか。(*当時も本紙では記事にしている) 「私もおかしいとは思ったんですが、田邊とバーター取引しているから何もいえなかった」旨、佐藤氏は述べる。 しかも、提訴に当たり、東京地裁内の司法記者クラブで田邊弁護士が同席して記者会見が行われる予定だったが、田邊氏はドタキャンしたという。 佐藤氏はこの点につき、やはり「訴状」にわざわざ必要もない本紙・山岡のことを入れたのはマズイと思ったからではないかとも証言する。もっとも、記者会見に出なかったからと名誉毀損行為が逃れらるわけもないだが。 それにしても、田邊弁護士はなぜこれほど本紙・山岡を逆恨みするのか? 基本的な理由は連載(1)で述べたが、佐藤氏は他にも考えられる原因を2つ上げてくれた。 1つは、連載(1)でも触れた、以前、山岡と田邊弁護士は記事掲載を巡る訴訟になり和解した際(*ただし、田邊氏は弁護士事務所HPで、和解の事実は伏せ、仮処分で勝ったことだけ長らく報じていた)、実は田邊弁護士は両者を仲介したS氏に数百万円のカネを渡し、少なくともその一部が本紙・山岡に渡っていると思っており、「なぜ、山岡は俺からカネをもらいながらその後も自分の記事を書くんだ!」といっているという。 事実無根の記事を書かれてカネを出すということ自体、おかしな話だが、ともかく山岡はそんな話は知らないし、したがってカネを一銭でももらう余地もないのだから、これまた逆恨みも甚だしい。 もう1つは、佐藤氏は田邊弁護士と一時、ひじょうに懇意になり、身の上相談にまで乗ってあげていたそうだが、そのなかで娘がネットを見て父親(田邊弁護士)が疑惑を招く行為などをしていることを知り反抗的になったからとも。しかし、疑惑を招くような行為をするから書かれるわけで、それらが一連の本紙・山岡に対する常軌を逸したと思わないわけにはいかない名誉毀損行為が正当化されるわけもないことはいうまでもないだろう。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧