アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

本紙・山岡に対する「週刊報道サイト」誹謗中傷記事は田邊弁護士の依頼だった(3)佐藤発行人の面会を田邊後輩弁護士が“妨害”

 この連載(1)で述べたように、この間、「週刊報道サイト」なるサイトで計161本も掲載された本紙・山岡に対する誹謗中傷記事は、同サイト発行人の佐藤昇氏(冒頭右写真)が、田邊勝己弁護士(=冒頭左写真。「カイロス綜合法律事務所」代表。大阪弁護士会所属)から依頼を受けて行ったものであることが判明した。 発行人の佐藤氏自身が4月3日、人を介して本紙・山岡に面談して来てそう証言。当事者しか入手し得ない物証(ネットとは別の、山岡を誹謗中傷する紙媒体のこと。連載2で詳報)まで持参し、そして謝罪したからだ。(*なお、現在この連載1、2は全文無料で見れます)。 3回目の連載では、いま現在も本紙・山岡と「週刊報道サイト」佐藤発行人との間では民事訴訟が争われているが、その佐藤氏代理人弁護士・高橋勇氏(「弁護士法人一番町綜合法律事務所」所属)のことを報告する。 何度も繰り返すが、佐藤氏は田邊勝己弁護士の依頼を受けて何ら裏取りすることなく本紙・山岡に関する誹謗中傷記事を散々タレ流し続けた。見返りは、佐藤氏が「被害者の会」代表を務める対みずほ銀行訴訟の代理人を田邊弁護士と彼が代表を務める「カイロス総合法律事務所」イソ弁が無料でやるというバーター取引の結果だった。 ところが、田邊弁護士がその約束を反故にしたことから関係が決裂。そして本紙・山岡側に真相を暴露して来たわけだ。 先のバーター取引の条件には、もし佐藤氏が山岡側に提訴された際の面倒も田邊弁護士側が全面的に見ることも入っていた。だが、約束を反故にされた以上、もう訴訟を続ける意味がないとして佐藤氏は本紙・山岡に訴訟取り下げを求めて来ている。 そう、この続きの前に、横に掲げた「新橋新報」と題する田邊弁護士を糾弾する“紙爆弾”が出ている(写真は1面のみ。A3で4面構成)。 提供してくれたのは佐藤氏。 佐藤氏によれば5月15日、東京・平河町の事務所に出向くと、郵便ポストに約50部、ドア入り口に300部ぐらい置かれていたという。また、同じものが「事務所にも自宅にも届いている!」と田邊弁護士から電話があったそうだ。 内容的にはかなり正確だが、歌手・野口五郎と親交があるようで、田邊弁護士との二ショット写真が掲載されている以外は、本紙のこの連載(1)(2)の内容をパクったもの。住所などの記載はなく、いわゆる怪文書の類。ただし、唯一アドレスが記載されており、アクセスするとHPがある。 誤解のないように断っておくが、本紙はまったく関与していない。 しかしながら、この紙爆弾には、対佐藤氏訴訟で本紙側がつい最近提出した山岡の「陳述書」の写真まで掲載されている。 その事実からも推測するに、佐藤昇氏とて田邊弁護士にコケにされそのまま黙っている玉ではないだろう。佐藤氏の関係者が作成した可能性もあるのではないか。 さて、本題の佐藤氏の対山岡訴訟の代理人弁護士・高橋勇氏の件に戻ろう。 (*田邊勝己弁護士に関する告発情報を求めます) 繰り返すが、佐藤氏は田邊弁護士に切り捨てられた。したがって、訴訟を続ける意味がないとして、本紙・山岡に取り下げを求めて来ている。 本紙は控訴しており、控訴審1回目の口答弁論期日が6月7日午前11時からと迫っている(平成29年ネ第1356号)。 一審からこの訴訟代理人をしている高橋勇弁護士は、2010年から「一番町綜合法律事務所」所属。明治大学法学部卒。第一東京弁護士会所属。弁護士登録は98年。 佐藤氏によれば、田邊弁護士(89年弁護士登録)とはかなり以前からつきあいがあり後輩の立場。そのため、深い事情は知らず、頼まれて佐藤氏の代理人を引き受けた。ところが、佐藤氏がこの間の真相を暴露したことから、本紙・山岡は控訴審でそうした事情を記した「陳述書」を物証と共に提出。これを見て高橋弁護士はさすがに驚いたのではないか。 実はこの間、本紙・山岡、山岡の代理人弁護士、佐藤氏、それに高橋弁護士の4人で、訴訟取り下げのことも含めた面談が予定されていた。  ところが直前になり、高橋弁護士はキャンセル。そのため、この4者面談は幻と終わった。(横写真=高橋弁護士の所属する「一番町綜合法律事務所」入居ビル) それどころか、弁護士はあくまで代理人に過ぎないのに、依頼人の佐藤氏が同席を求めているのにこれを拒否しただけでなく、山岡の代理人弁護士と佐藤氏が会うことも、山岡の代理人弁護士が確認電話を入れたところ、「私抜きで会って欲しくない」と答えたことから、山岡側弁護士は弁護士倫理の観点からキャンセルしてしまった。 これは佐藤氏証言通り、高橋弁護士は佐藤氏ではなく、実質、田邊弁護士の代理人として動いているからとしか思えない。 佐藤氏は訴訟をしたくなくても、田辺弁護士にすればこのまま訴訟を継続させ、山岡が100%勝訴しない以上、自分の立場を省みず、「山岡は名誉毀損した!」と批判する口実を得れらるからだろう。 どうやら高橋弁護士、一旦は良心の呵責もあり4者面談に同意したものの、結局、損得勘定もあり、田邊弁護士との友情(?)を取ったということか。 しかし、それにしても、佐藤氏曰く、「私は高橋弁護士には弁護料どころか印紙代だって一銭も払ってません」というのに、なぜ、高橋弁護士は未だに弁護を続けるのか? しかも佐藤氏によれば、「高橋弁護士は、田邊弁護士の意を受けて必ず付帯控訴して来ますよ」とのこと。そして、佐藤氏本人が付帯控訴どころか、これ以上、訴訟を続けたくないといっているのに、高橋弁護士は示談交渉にも応じないというのだ。 こうした行為は、弁護士の懲戒請求理由になることはいうまでもない。田邊弁護士はむろんだが、高橋弁護士についても、本紙・山岡は折を見て必ず懲戒申し立てするつもりだ。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧