アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

グッドウィル・折口雅博会長銃弾入り脅迫事件に重大新事実

 本紙がいち早く報じた、人材派遣大手「グッドウィル・グループ」(本社・東京都港区)の折口雅博会長(写真)宛てに銃弾入り、脅迫文書入りの封書が送りつけられた脅迫事件ーー会社側はほどなく最寄りの警視庁麻布署に被害届けを出し、捜査が行われている。  この件で、驚くべき新事実が判明したのでお伝えする。  当局筋によれば、実は銃弾が送りつけられたのは1度だけではなかった。  1回目は9月15日で、麻布署に届けたのは同月18日だが、それから数日しか経たない9月20日ごろにも、もう一度送りつけられていたというのだ。  1回目は2個の銃弾が入っていたとされるが、2回目は3個。「次はお前の命だ」といった脅迫的文面が入っていたのは同様だ。東京は北区の郵便消し印が押され、やはり六本木本社オフィスに折口会長宛て、郵送されていたという。 「1回目の脅迫に対し、折口氏は金銭での解決を約束。ところが、それが実行されなかったため、再度、どうなっているんだと、送りつけられた可能性もあると見て捜査しています。某政治結社と仲介者の名前も挙がっています」(当局筋)   事情はどうあれ、こうした卑劣な犯行は許されるものではない。まして金銭目的となれば論外。捜査の行方が注目される。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧