アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

「社員3人が自殺」大牟田市の実質経営者に、懲役1年半の有罪判決(詳報)

本紙が徹底追及しているこの件、6月20日、中嶋全克被告(44。冒頭写真)に懲役1年半、執行猶予4年の一審判決が下ったのは本紙既報の通り。なお、中嶋被告、検察共に控訴せずそのままこの判決が確定する見込み。
詳細に関しては、「判決文」を以下に添付したので、関心のある方はご覧いただきたい。
それから、これに先立つ公判(1回だけで結審)で、本紙既報通り、中嶋被告は暴力団組員だったこと、前科・前歴など、いくつか興味深い事実がわかったのでそれもお伝えしておく。
中嶋被告は中学卒業後、塗装工などを経て、18歳のころ暴力団に加入。約9年前に足を洗ったという。ということは17年ぐらい組員だったということになる。
前科は2犯。直近は1998年5月に福岡地裁大牟田支部で受けた傷害罪で懲役5月。もう1つも傷害罪。
なお、今回問われた3容疑の1つ、犯人蔵匿の相手・浪川会の岡野勝英組員(ただし今回逮捕で不起訴後、引退したという)とは中学時代の同級生で18歳ごろ一緒に暴力団に入った関係。中嶋被告が組を脱退した後も、逮捕されるまで月1回程度食事するような親友だった。
以下、公判時の検察官ないし裁判官と中嶋被告の会話の一部(一部要約あり)。

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧