アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

<お知らせ>シンポジウム「第2次世界大戦の検証」アフターブ・セット/東中野修道/松本道弘/南出喜久治等

 国際情報誌「真相の深層」編集長の木村愛二氏にはチャーチルとルーズベルトの役割、亜細亜大学教授の東中野氏には日本軍の中国大陸進出の真相について、ネット・ジャーナリストのリチャード・コシムズ氏にはヒットラーの台頭と正体、弁護士の南出氏は日本軍の全体像について報告。そして、国際ディベイト学会会長の松本氏の司会の下、議論してもらう。前駐日インド大使、慶應大学教授のアフターブ氏には判定をお願いしているとのことだ。(写真は上左端から時計回り順にアフターブ、木村、コシミズ、南出、松本各氏)。 ○2007年1月20日(土)13:00 – 17:00。 ○主婦会館地下2階会議室「クラルテ」(東京都千代田区六番町15) *詳細は「ワールド・フォーラム」へ…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧