アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

「浪川会」にガサもーー「社員3人が自殺」大牟田市の実質経営者、強要で4度目逮捕

わずか半年ほどの間に「社員3人が自殺」(おまけに片山さつき大臣スキャンダル絡みでも)、さらには地元の指定暴力団「浪川会」(福岡県大牟田市)の壊滅作戦の一環とも見られることなどから、本紙でウォッチし続けている元暴力団組長で、「MRコーポレーション」(福岡県大牟田市)の実質的経営者、中嶋全克被告(冒頭写真。44)が本日午前10時過ぎ、福岡県警大牟田署に4度目の逮捕をされた。
本紙既報のように4月3日、中嶋容疑者は3度目の逮捕(犯人隠避)容疑で起訴され、起訴勾留になっているなかでのことだった。
今回の4度目の逮捕容疑は強要。
3度目の犯人隠避の相手である、地元の指定暴力団「浪川会」の組員・岡野勝英容疑者(44。4月3日、同容疑で逮捕)と共謀し、昨年5月10日ごろ、大牟田市内の病院内で、M氏を脅迫して同人を畏怖させ、同人に義務のない5000万円の預り証に自社のゴム印、印鑑を押印させた(以下にその預り証を転載)容疑。
本日午後2時ころ、福岡県警は浪川会本部の家宅捜索も行ったという。
それにしても、なぜ病院においてなのか?

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧