アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

 電気通信事業者協会が4月7日発表した、08年度の各社の携帯電話契約数によれば、新規契約から解約分を差し引いた純増数で、ソフトバンクモバイル(204万6700件)は首位だった。(冒頭左写真グラフ=「日経」4月8日記事より。右=孫正義ソフトバンク社長)
2位のNTTドコモ(121万3000件)以下を大きく引き離している。ソフトバンクモバイルの首位は2年連続。
これだけ見れば、ソフトバンクモバイルは好調であるといえる。だが、その裏にはあるカラクリがあるのでは? との説が一部で浮上して来ている。

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧