アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

放火事件公判で、検察も「安倍(晋三)氏秘書が、(ライバルへの選挙妨害に対する)見返り金(を暴力団関係者に支払った)」と指摘

 安部晋三官房長官の地元・山口県下関市内の自宅や事務所などに火炎瓶(事務所については銃弾説も)が投げ込まれた事件で、昨12日、非現住建造物等放火未遂などの罪に問われた指定暴力団「工藤会」系元組員に対する論告求刑公判が福岡地裁小倉支部であった。 その際、検察側は犯行の経緯について述べるなかで、99年の下関市長選で、安倍氏が推した候補者(現・江島潔市長)を支援した土地ブローカー・小山佐市被告(同罪で公判中)に対し、当時の安倍氏秘書(現・市議)が300万円を工面したが、小山被告はさらに安倍氏本人に金を要求。安倍氏が応じなかったため、暴力団と共謀して報復したと述べた。 (写真は7月14日発売の「日刊ゲンダイ」記事) この件を報じた朝日新聞社記事(アサヒコム。7月12日午後11時01分配信)によれば、さらに小山被告は「安倍議員の地元秘書と交際していた」としたうえで、「市長選で安倍議員が支持する候補者を支援して当選に寄与したとして、秘書に対し、絵画の買い取り名下に現金500万円の支払いを要求し、300万円を工面させた」と指摘。その後も「安倍議員に面会して金員を要求したが拒絶されたため恨みを抱いた」と述べ、親交があった工藤会系組長(同罪で公判中)と共謀して犯行に及んだと主張した。 これに対し、指摘の秘書は工面した300万円について「公判中なのでコメントできない」、下関市の安倍事務所は「公判の中身を確認できないので、コメントは差し控えたい」と話している。 中央政界ではクリーンイメージの安倍氏だが、地元では、“国家老”とも言われる江島市長と暴力団関係者の癒着に関する話は絶えず、この事件は、安倍氏秘書とのきな臭い関係が初めて公判で指摘された。しかも、小山被告は安倍氏に直接、見返り金まで要求していたという。その後、関係する秘書を処分していないところを見ると、安倍氏自身も「同意」していた可能性さえ窺える。 なお、この事件の詳細は本紙が過去、報じている。参考にされたい。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧