アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

「社員3人が自殺」の大牟田市の実質経営者、再逮捕ーー市議選期間中の傷害容疑で

 本紙でも既報のように、わずか半年ほどの間に「社員3人が自殺」していることからその件も視野に、さらには地元の指定暴力団「浪川会」(福岡県大牟田市)の壊滅作戦の一環とも見られることなどから、別件の暴行容疑での満期勾留でどうなるか注目されていた元暴力団組長で、「MRコーポレーション」(福岡県大牟田市)の実質的経営者、中嶋全克容疑者(冒頭写真。44)だが、昨日、傷害容疑で再逮捕されたことがわかった。
関係者の証言などによると、その傷害容疑は、15年4月にあった大牟田市の市議選挙期間中、中嶋容疑者はある新人(当選後、自民党所属)を全面的に支持し、知人などを応援に出していたが、些細なことから、その応援に駆り出されていた取引先知人をテーブルの足で殴りつけ、頭に10針縫うケガを負わせたことであるようだ。

 横に掲げた写真は、中嶋容疑者の応援の成果もあり、めでたく当選した直後の写真。
一番右にいるのが中嶋容疑者。
応援していた中原誠悟市議(43。自民党所属。当選1回)はこの4人のなかにはいないが、中原市議は4人兄弟の末っ子で、中嶋容疑者と一緒に写っている他の3人はその中原市議の3兄。左から三男、次男、長男。
「地元では中原4兄弟はワルとして有名です。
長男は元暴力団組員で、現在もある右翼団体のメンバー。中原市議も含め、他の3兄弟も同じ右翼団体のメンバーでした。
この4月に市議の改選が迫っており、事件が飛び火して4男が落選することを恐れ、中嶋容疑者関係者が今回再逮捕容疑の被害者に“黙っているように!”と圧力をかけていたようです」(地元事情通)
追って報告するが、本紙の報道に関しても、ネット上で告訴側にカネをもらってデッチ上げ記事を書いているとか、別件で暴力団からカネをもらうブラックライターだなど、明らかに名誉毀損に該当する書き込みが大量になされており、現在しかるべき対策を取っているところだ。
また、告訴した者に対し、浪川会側が「殺る」ことを決定したとの情報も出ている。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧