アクセスジャーナル記者 山岡俊介の取材メモ

内部・外部告発、情報求む!

(弁護士などのプロが調査。ただし、公益性あるケースに限る)

当局が密かに狙う、刑務官贈賄容疑で再逮捕された組長の本星容疑

 大阪府警が8月19日、収賄容疑で大阪拘置所刑務官(37)を逮捕したのはご存じの通り(写真の新聞記事参照のこと。『毎日新聞』8月19日夕刊と20日朝刊)。 収容者の相談に乗ったり、手紙の投函をする舎房担当者だったこの刑務官、04年7?8月、監視カメラ付きから無い部屋に替えてやった見返りに、同年10月までにその拘置者から東京ディズニーランドなどへの家族旅行代、中古国産乗用車の計100万円以上の金品を受け取っていたとされる。 一方、この贈賄容疑で再逮捕された拘置者とは、本紙既報の山口組系2次団体組長。贈賄当時は、歯科医に「歯がまだ痛い」と脅して現金を要求した恐喝未遂容疑で拘置されていた。その後、今年8月には不動産会社社長を脅した強要容疑で再逮捕、さらに今回の贈賄容疑で再々逮捕されている。 2002年4月、沖縄県那覇市の信号待ちしていた乗用車が、オートバイに乗った男に襲われたのをご記憶だろうか。射殺されたのは、指定暴力団「中野会」副会長だった。 その後、実行犯、幇助犯共に捕まった。例の山口組系宅見組組長が中野会組員に殺された報復だった。03年3月、実行犯には懲役15年、従犯には懲役7年の実刑が下りている(那覇地裁)。この2人の犯人の所属団体は、今回贈賄で逮捕された組長がトップを務める「天野会」だった。 「立て続けの3度の逮捕は、すべていわば別件。当局の本当の狙いは、中野会副会長を殺せと指示を出したかどうかだ」(捜査関係者) 天野洋志穂組長は初代宅見組出身。そこので副長を務めていた。そして初代宅見組系は中野会に対する報復として、他に中野会長宅にダンプカーで突っ込んだ事件も起こしている。また、中野会長宅を偵察するため、上空にヘリコプターを飛ばす計画があったことも明らかになっている。…

この続きを読むには有料購読の登録が必要です。

関連キーワード
検索

カテゴリ一覧